公認会計士の講座

Posted by

公認会計士になるには、公認会計士試験に合格し、国家資格を取得する必要があります。公認会計士の試験は、司法試験に次いで難しい試験とされているため、公認会計士の講座を受ける目的の大半は、受験対策となっています。

公認会計士の試験は、「短答式」「論文式」に分かれており、最初に短答式を受けて合格した人だけが、論文式に進むことができるというものです。また、「必須科目」「選択科目」に分かれており、必須科目はまんべんなく勉強する必要がありますが、選択科目は1科目だけを選択できます。

合格の判定は、1科目ごとではなく、全科目の総合点数で判定されます。短答式の合格基準は総合点数の70%が基準論文式の合格基準は総合点数の52%が基準となっています。ただし、1科目でも40%に満たない科目がある場合には、不合格となることがあるようです。

スーツなお、公認会計士の試験に合格するだけでは、公認会計士になれないようです。試験に合格したら、現場での経験が必要になります。監査法人など会計を専門に行っている企業に就職して、公認会計士としての実践的な知識やスキルを身につけることになります。研修期間は、「2年間以上」と定められています。さらに研修が終わった後には、日本公認会計士協会が行う試験を受けることになります。合格後に、公認会計士として登録することができます。公認会計士の道は長いですから、着実に一歩一歩積み上げていきましょう。